NEWS

INDEX
the Holiday Season
12.14.2013

 
12月に入り、街はクリスマスカラーで溢れていますね。

グランフロント大阪で展示しているTommykaira ZZのボディカラーは赤。
この季節にもピッタリな、パール系の煌めきを放つ 明るめのレッドです。

赤鼻のトナカイならぬ、真っ赤なスポーツカーで 子供たちに夢を運ぶべく、
ZZや展示ブースをクリスマスモードに飾りつけてみました。

      < 画像のクリックで拡大表示が可能です >
Xmas-dashboard3

ダッシュボードに 降り積もらせた雪…
助手席に置いた サンタやプレゼントの小箱…etc。

訪れた人がそれらを見て ふと笑顔に変わった瞬間や、
小さな子どもが じーっとツリーの電飾に見入っている様子などを目にすると、
人々を楽しませる ちょっとしたクリスマスの魔法を感じてしまいます。

私たちGLMのブランドスローガンでもある”Astounding Pleasure”。
スポーツEVを通じて、ワクワクするような体験をお届けしたいと思っています。

「乗って・イジって・操って」といった ZZを所有する喜びはもちろん、
ピュアスポーツカーならではの佇まいやコンセプトにも、胸を高鳴らせてもらいたい。
例えZZを目にするだけだとしても、ワクワクする思いを追体験してもらいたい。
そんな風に考えています。

そして この思いは、大人に向けてだけではなく、
まだ免許を持たない 小さなクルマ好きたちに対しても同じです。

Xmas-rear

私たちのこうした思いや願いを子どもたちに届けるため、
展示中のZZが、サンタクローズのような役割を担えるならば 嬉しい限りです。

子どもたちの目に映っているのは、赤くてカッコいいだけのブーブーなのかもしれません。
(電気自動車なので、ブーブーといった類いの音はしませんが…)
目の前にマックイーン(映画『Cars』の主人公)のようなクルマがあるから、
つい自分も乗ってみたくなる。子どもにとっては、ただそれだけの単純な欲求かもしれません。

しかしそこには、未来のクルマ好きを芽吹かせる種が埋まっているような気がします。