ZZ MAGAZINE

INDEX
電気自動車の黎明期
06.14.2013

 
zz_movieplasma
「 黎明期 」
…夜明けを感じさせる、どこかワクワクするような響きを持った言葉です。

今週、インテックス大阪では『Smart Energy Japan 2013 in Osaka』が開催され、
6月13日のパネルディスカッションには、弊社社長の小間も登壇しました。

その中で、
 
『 EVはまだまだ黎明期。環境に良いことも勿論大事だが、
EVが文化として根付くためには、面白さやワクワクさせる要素が欠かせない。
GLMが狙うのはそこである。』

とコメントする一幕もありました。

smartenergy2013
GLMでは、この面白さやワクワクする部分にフォーカスし、
Tommykaira ZZを開発しています。
スローガンに掲げる「Astounding Pleasure」の言葉通り、
“驚くような” “楽しみ・喜び” が、EVの黎明期を切り拓くカギになると考えています。

シートに身を落とし、ハンドルを握った時に、ワクワクさせる期待感。
そして「また乗りたい」と、ソワソワしてしまうような高揚感。
クルマ好きの原点は、案外こんなシンプルな感情なのかもしれません。

「文化を創りたい」
こうした想いがZZには込められ、その魅力を一層引き立たせているはずです。