HISTORY

1997

公道を走るレーシングカー
1997年、日本に「公道を走るレーシングカー」が誕生しました。 その名は『Tommykaira ZZ』。 今もなおファンを魅了し続けるピュアスポーツカーです。 アルミ製バスタブフレームに4輪ダブルウイッシュボーン、そしてそれらを覆うボディカウルは軽量なFRP。また、ルーフ・サイドウィンドウ・エアコンと言った走りに直接関係ない部分を削ぎ落とし、軽量・低重心なレーシングスピリットを体現していました。ミッドシップにレイアウトされた心臓部は、当時の日産が誇る「SR20DE」をベースにチューニングされました。自然な吹け上がりが魅力の、軽量コンパクトなNAユニットです。 そして燃料系は、あえてインジェクションではなく FCRキャブレターが選ばれていました。細かなセッティングの変更で性格を豹変させる一面も、このクルマの魅力かもしれません。
トミタ夢工場
そんな稀代のスポーツカーを開発したのは、京都・金閣寺そばにあったトミタ夢工場。社長の富田 義一、副社長の解良(カイラ)喜久雄 両名から取られた「トミーカイラ」の名とともに、チューニングブランドとして知られた存在でした。この2人の「いつか自分たちのオリジナルの自動車を作りたい」という想いを載せたクルマこそが、このZZです。そして、その夢が叶ったのは 2人が爺になってからだった… という事から「 ZZ(ズィーズィー)」と名付けられました。そんな 2人の夢のクルマ「Tommykaira ZZ」は、当時 イギリスで生産され、日本に逆輸入する形で販売されていました。

1999

幻のスポーツカー
しかしその後、運輸省による保安基準の改正で、輸入車に関する認証基準が変更されました。新しい保安基準をクリアするために、ZZは車体の大幅な構造変更を余儀なくされたのです。結果、206台のZZが国内に納車された後、販売中止に至ったのです。その時点で 400台以上のバックオーダー(受注残)を抱えていたため、不本意ながらZZに乗りそびれた人も多かったはずです。 これが、ZZが「幻のスポーツカー」だと言われる所以です。

2014

EVとして今生まれ変わる
そして今、販売中止から15年の時を経て、Tommykaira ZZはEVとして甦りました。設計を見直したフレーム、新しいエクステリアデザイン、力強い加速を誇るEVパワートレイン…。ZZのレーシングスピリットを継承しつつ、EVスポーツとしての新しい走りを目指したクルマです。 自らハンドルを握り、ZZの新しい歴史を紐解いてみて下さい。